エルドラ カジノ

現代における憑依の仕組み

現代における憑依の仕組み

オウム事件はなぜ起きたのか

三上直子・山川 蓮(著)
サラ企画(発行)

2023年7月28日第一刷発行
単行本(ソフトカバー)・347ページ

2200円(税込)

【内容】

前半は「死んだら無になる」と思っていた人が、死んでも意識があるために生きているつもりで幽界に留まり、自我機能が脆弱な人に憑依している現状と、その憑依の仕組みを説明する。後半は、あの世のオウム元教祖・幹部5人と人生回顧のための対話をし、憑依の問題がどのように影響したかを解明する。

 

 

【目次】

はじめに

第1章 現代におけるアストラル界と幽界の影響 

 1.死後階層図におけるアストラル界の位置づけ 

 2.アストラル界の構造 

 3.現在の幽界の状況 あの世の中岡俊哉さんからの報告 

 4.現代版の憑依の方法 

 5.一般的な脳と霊能者の脳との違い 

 6.憑依霊とつながった霊能者(霊媒)の特性 

 7.アストラル界と幽界の分離 

 8.〈死〉とは  

 

第2章 あの世のオウム元教祖・幹部5人との対話 

 あの世の霊との対話方法

 1.松本智津夫(麻原彰晃)との対話 

 2.林泰男との対話 

 3.広瀬健一との対話 

 4.豊田亨との対話 

 5.村井秀夫との対話 

 6.まとめ 憑依の連鎖の危険性 

あとがき

 

 

【著者】

三上直子(みかみ・なおこ)1951年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了、文学博士(心理学)。臨床心理士として病院や相談室で働く一方、1999年からは地域における子育て支援活動のためのNPO法人コミュニティ・カウンセリング・センターを運営してきた。20022007年は明治大学心理社会学科教授。現在は、伊勢で出版および〈魂の対話〉などを行うサラ企画を運営。著書:『お母さんのカウンセリング・ルーム』、『 則天去私という生き方 心理学からスピリチュアリズムへ』、『死の向こう側』、「天地の対話」シリーズ1『あの世とこの世の仕組み』 など。

 

山川 蓮 (やまかわ・れん)1976年生まれ。同志社大学経済学部卒業。1999年~2001年まで東京の出版社で編集者として働いた後、2002年~2008年まで講演会などの企画会社を運営。2008年に伊勢神宮を参拝し霊的覚醒をし、翌年伊勢に移住。2012年から〈天地の対話〉がはじまる。2016年からはサラ企画のスタッフとして働き〈魂の対話〉にも参加している。霊媒として受信したものとして『サラ・メッセージ』『コナン・ドイルは語る リセットのシナリオ』などがある。